スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



良かったら以下をクリック

墨攻

映画化で話題の墨攻の漫画版1巻から3巻まで読んで見た。
中国の戦国時代、攻められた国を無条件に支援し、 無報酬で、
専守防衛をする墨家。
趙の国に攻め込まれた梁城というところに単身手助けに来たのは
墨家の革離という男。

防衛線のエキスパートである彼の指示でほぼ農民だらけの梁城は
1万五千の趙軍の攻撃に耐えていく。映画版は10万みたいだけど。

農民は農民らしく、すさまじく弱い。
その絶望的な状況を知略でなんとかして敵を防ぐ。
自然、長期戦になる。そうなると敵がいつのまにかに潜入している。
その潜入した敵をたくみに見つけ出す。
だれてしまう味方を引き締める。

1巻読んでつまらないならば、やめようかなと思ったが、
一気に読んでしまった。

話としては3巻でひと段落。小説版はここで話が終わりらしい。
しかし、微妙に話も違うとのこと。
漫画版はこれから他を守りにいくらしい。
小説版と漫画版の先を探して見ようと思う。
それほど気に入ってしまった。手ごろな価格で手に入らないものか。




良かったら以下をクリック
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

nero111

Author:nero111

FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
おすすめ

アフィリエイト
予約宿名人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。