スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



良かったら以下をクリック

信長の野望 革新 プレイ日記3

前回の徳川はどうしようもなかった。上杉または武田を放置していると
大勢力になることがわかった。

今度は島津家で。

 即効で攻めていかないとまずいことはわかった。
上杉、武田とかなり離れているため大勢力になる可能性は
きわめて高い。ということは自分も大勢力にならないと
勝ち目が無い。
幸い九州で強そうなのが大友だけだったのですぐさま九州平定。

 ここで役に立ったのが、自分は隣接していない強い敵に隣接しているやや弱の敵と同盟を結び、盾になってもらう方法。
攻撃はすべて同盟相手が受けてくれる。そのたびに救援要請が
来るが仕方ない。
 しばらくすると、やや弱が強かった敵に攻めにいくぐらい強くなる。
これは敵の城は落とせる、と思ったらこちらも同時に攻める。
やや弱の同盟相手はだんだんと兵力が減ってくる。
そこを我らが援軍が到着し、城を我々が攻略してしまう。
我々の城に挟まれてしまった同盟相手は同盟期間が途切れ次第、
我々に飲み込まれる運命となる。
 こんな感じ。やや時間はかかるが、楽になる。
平定した城は自動的に兵力と馬と鉄砲を買い付け続けるように
指示する。そのためにパラメータ的に使えないキャラを
お買い物要因としておいて置く。
そのうち兵力が1万、2万とたまったら前線に輸送。
いち早く上記の兵力供給体制を整えるまでは多少つらい。

 九州平定末期、九州の港に最後に残った大友を中国地方に勢力を根ざした毛利が攻めてきた。私が攻める港なのに・・・。
大友は毛利に滅ぼされた。
今だ、大友との戦いで毛利の部隊は減っているし、港の防御力は0。
割けるだけの兵力で元大友の港を攻める。
案の定、私のものに。そのまま本来毛利が兵力をだてきた港も
攻略。さらにその付近の城まで手に入れた。
どうやら毛利は結構な力を割いて大友を滅ぼしたようだ。
内部がお留守状態だったので中国地方に入りこめてしまった。

ここで全体を確認してみた。
四国はほぼ長宗我部と、微妙に毛利。中国は毛利。近畿は本願寺。
後は信長はやや生き残り、徳川は静岡あたりを押さえていた。
問題の武田、上杉は北陸から東北の日本海側は上杉が、
関東から東北の太平洋側は武田が。実に良い感じ。お互いつぶしあい
の始まりだ。

毛利を攻めに攻め、広島県あたりを一掃。
次は長宗我部へ。たまに長宗我部は九州の港にせめてきてうざかったので毛利殲滅前に相手することにした。
今治あたりの港の攻略時に大規模な決戦を行うことになった。
その決戦で大半の兵力を失い、疲れきった長宗我部を一気に
飲み込んだ。

気づくと、武田が上杉に打ち勝って、上杉は残り青森と函館あたりだけ。武田と毛利が肉薄している状態だった。
近畿の本願寺は?武田に削り採られも、なぜか島津にちょっかいを
だすようになった。

まずは毛利に同盟を持ちかけた。武田を前にした毛利は
今までのことを水に流して快諾。毛利島津同盟軍ができあがる。
山陰に攻めてくる武田を毛利だけに任せ、自分は南から
本願寺、信長、そこから徳川は無視して北の武田へと攻めかかった。
毛利も後残り城が2つほどだが、がんばっている。援軍要請が絶え間ない。
武田は攻めてもせめても毛利ががんばるので疲弊してきているようだ。
福井あたりから攻める武田を岐阜、富山あたりで分断してやった。
手薄な内部をおもしろいように飲み込んでいく。
島津に気づいた武田が島津に兵力を向けると毛利が巻き返す。
この状態を保ち、武田の内部を食い荒らし続け、徳川、武田を
(途中毛利は滅んだ。)飲み込み、平定。

えらい長かったが、コツはつかんだ。今度はまた
徳川やってみるかな。真田にしようかな。



良かったら以下をクリック
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

プロフィール

nero111

Author:nero111

FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
おすすめ

アフィリエイト
予約宿名人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。