スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



良かったら以下をクリック

ウイニングポスト6

ウィニングポスト6

古いやつだけど、やってみた。
元競馬雑誌記者の大木作蔵さんを作った。
借金して牧場のオーナーになり、知り合いから
一通りの馬を買い、馬主としてスタートした。
10年間、年末に1億返す約束だ。
牡馬には必ずサクゾウ、牝馬には必ずワカバという名前を
入れることにした。
牧場名は「革命的」牧場。すごそうな名前だ。

はじめの1年は無難に過ぎた。
しかし、2年目、知り合いから買った馬がいきなり
オークスに勝てた。意外に強い馬をもらったな、なんか悪いな。
さっそく売主のところに言ったが、特に反応らしいものはなかった。
太っ腹な。

G1のオークスに買った馬はそれから調子が悪くなり、
いつも2,3位を取る馬になってしまった。
いや、下手にオークスに買ったのでG1クラスのレースにしか
出なくなった結果、勝てなくなったんだ。

他にも馬はいたが、あんまりぱっとしなかった。
3歳馬が年末に調教師から衰えたので引退を考えてを言われたときには
びっくりした。超早熟の上に7戦1勝とか駄馬じゃん。

引退すると牝馬は牧場で今度は繁殖として働くが、
牡馬は能力が高くないと乗馬になる。
1勝しかしてないその馬は牡だったからきっと馬肉工場だろう。
一応、乗馬とは書いてあった。

3年ほどたち、オークスで買った馬が引退した。
今度は次世代のためにがんばっていい子を産んでほしいものだと
期待をかけていた。
その第一子の牡馬はドリームサクゾウの名前を与えることに決めた。
9000万ほどの評価額がついた。
いやがうえにも期待が高まる。

しかし、牧場長からは「身体が弱い」的なレッテルを貼られた。
調教師にドリームサクゾウを預けるときには
「すごいうまですね、ぜひひきとらせてください。」
今まで言われたことがないせりふだった。

ドリームサクゾウは走ったが、そこそこだった。
15戦4勝ぐらいで、なかなか1位になれない。
ドリームサクゾウと同じように牧場の経営もぱっとしなくなってきた。

残り2年で借金返済なのに、年末に手元に3000万しかない。
どうやら半年まってくれるらしい。けど、1.5倍返さないといけない。わが牧場にあるデビュー目前の馬を売った。半年後、残り1300万だけになったが払えた。

年度末に1億・・・集まらない気がする。今年で借金支払い最後なのに・・・。案の定集まらなかった。また半年待ってもらえることになった。繁殖牝馬をオークスで買った馬以外売ることになった。

さて、半年後・・・。


払えた!

けど、どうしよう。ほとんど手元にお金ないし、馬もいない。
このゲーム結構つらいな。

自分の馬の血統をうまくすると残していけるところがすごい。
ダビスタを昔やったことあるけど大体孫の世代まで同じ馬の
血統を残せるけど、その後は必ず子供ができなくなってしまう。
結局ダビスタ側で用意した馬で強い馬の血統を作らないといけない。
その点ウイニングポストは違う。
ドリームサクゾウはもし牝馬だったら、いつまでもわが牧場の
血統として残すことができる。
気が長い話だけどその点親近感が沸く。

スポンサーサイト



良かったら以下をクリック

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウイニングポスト

ウイニングポスト『ウイニングポスト』(Winning Post)は、株式会社コーエーから発売されている競馬を題材としたシミュレーションゲーム。「Winning Post」とは競馬の「ゴール板」を指す英語名称。現在、シリーズ7作目まで発売されている。アスキーから発
プロフィール

nero111

Author:nero111

FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
おすすめ

アフィリエイト
予約宿名人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。