スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



良かったら以下をクリック

信長の野望 革新

「信長の野望 革新」
PC98で天翔記やって以降ご無沙汰の信長の野望をやってみた。

ターン制じゃなくて、時間を進めると他の国も同時に時間が進む。
また、マップは全国1枚マップ。それまでの隣の国にしか攻め込めない
状態でなく、うまいこと迂回すれば飛び地を攻めることも出来る。
意味があるかどうかは別だけど。

まず最初に選んだのは今川から独立直後の徳川家康。
岡崎城には沢山の家臣がいるが、その給料のため結構収入が無い。
お金を清算する「市」を建設、後は新技術習得のための「学舎」を
建設。一定以上立てると新しい技術を研究できる。

まずは地盤固め。ということで内政に力を入れた。しばらくするとお隣の織田から
同盟の依頼が。もちろん受諾。そして、新しい技術をお互いに交換することになった。

地盤も固まりそろそろ攻めるかなと思っていたところ、西から今川が攻めてきた。
自信が無いのでさっそく織田家に援軍要請。

たいしたことなくしのぐことが出来たが、せっかく開発した町が壊れてしまった。
しぶしぶ修理。

しかし、敵は待ってくれなかった。今度は北から武田が攻めてきた。なんか、信玄がいる。
今川に攻められた時に壊れた箇所が治ってないのに!
またもや織田家に援軍要請。こっちもつらいのよ的なことを言われて断られた。

なんとかしのげー。今川まで攻めてきた。これはもう無理・・・。

初プレイは惨敗だった。ちょっとのことで援軍呼んじゃだめなのかな。

位置は限定だが、築城することができるので防波堤として立てるべきだったかも。
内政にちから入れすぎたかも。次回はもうちょっとうまくやろう。後、
徳川はきついのでもう少しのんびりしたところで。

スポンサーサイト



良かったら以下をクリック

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信長の野望

信長の野望信長の野望シリーズ(のぶながのやぼうしりーず)は1983年に株式会社光栄マイコンシステム(後に「光栄」→「コーエー」)が発売した「信長の野望」を第1作とする日本の戦国時代 (日本)|戦国時代をテーマとした歴史シミュレーションゲームのシ
プロフィール

nero111

Author:nero111

FC2カウンター
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
おすすめ

アフィリエイト
予約宿名人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。